>

大切な思い出を守るための保存ツール紹介サイト

PCだけでのデータ保存はもう古い?写真をネット上で管理

この記事をシェアする

最近よく聞くクラウドとは?

クラウドはインターネットなどを介して、オンライン上で提供されるアプリケーションを使って、メールの送受信やデータの編集・保管などを利用するサービス・形態を指します。

写真データの保存で言えば、クラウドのストレージサービスと呼ばれるものを利用します。
これまでのDVDやHDDなどのように、ディスクや機械の中にデータを保存するのではなく、インターネット上にデータを保管するということになります。
このストレージサービスを利用すれば、PC上だけでなく、手持ちのスマホやタブレットなどインターネットに接続できるものなら、いつでもどこでも、手軽に写真を見たり、保存したりすることができるということです。

無料で使えるデータ容量や、一定以上のデータ使用のために必要となる料金など、それぞれのサービス内容はサーバーによって異なるため、どのようなクラウドサービスがあるのかをしっかりと比較していくことが大切です。

ストレージサービスの長所と短所

ストレージサービスを利用する上での最大のメリットは、利便性が高いということです。
ネット環境さえあればどこでも写真の保存や閲覧が簡単にできるので、自宅のパソコンにつないでデータを同期させるなどの作業が不要になります。
最近では、スマホなどで撮った写真が自動的にクラウドへ保存されるサービスも出てきました。
オンライン上での保存になるので、万が一PCやスマホが故障しても、データは消えずに残るというのもポイントです。

このように便利なクラウドストレージですが、使う上でのデメリットもあります。
まず、インターネットを介してデータを保存するため、ハッキングなどによるデータ流失の可能性があるということも覚えておきましょう。
また、外部サービスからの提供になるため、サービスが永久に続くとは限りません。突然サービスが終了して、利用できなくなるといったケースも考えられるので、利用の際は、信頼できるものを選びましょう。